一般的な廃車の流れ

一般的な廃車の流れ クルマを廃車にする際の流れは、陸運局に行って永久抹消登録の手続きを行うことになります。
永久抹消登録を行うために必要な書類は、車検証と3カ月以内に取得した印鑑証明、前後のナンバープレート、そして解体報告記録日と自動車リサイクル券に記載されてある移動報告番号などを伝えなければなりません。
また、自動車税や自動車重量税の還付が可能な場合はその手続きを行います。
その際にはマイナンバーが必要になります。
永久抹消申請書は陸運支局に用紙がありますのでその場で記入すればよいでしょう。
これらの一連の廃車の手続きは、通常はすべて業者に任せてしまうほうが楽です。
廃車にする際には、数万円で買い取ってもらえることが多いので、それで相殺させることができるでしょう。
詳しくは廃車を専門に行っている買取業者に問い合わせてみると良いでしょう。
中には、高値で買い取ってもらえることもあります。
特に、海外で人気があるクルマは買取の可能性大です。

原付バイクの廃車手続きについて

原付バイクを廃車するには、まずナンバープレートを外します。
そして、そのナンバープレートをお住まいの市区町村の役場に持っていき返納します。
それとともに役場で廃車の手続きも行います。
それが終われば、あとはバイクはどうしようが自分の勝手です。
自力で破壊しようが、売り飛ばそうが自由です。
しかし、普通はバイク屋さんに持っていって処分してもらいます。
バイク屋さんに引き取ってもらう場合、バイクの状態が良ければ無料で引き取ってもらえる場合も多いです。
料金がかかる場合は、だいたい3000円くらいが相場です。
処分してもらうのではなくて、中古バイクショップに売り飛ばすという方法もあります。
しょせん原付ですから、あまり高い値段にはならないですが、少しでもお金が欲しいならチャレンジしてもいいでしょう。
自分でバラバラにして、パーツをオークションで売るという方法もあります。
面倒ですが、わりといい金額になる場合もあります。
街を巡回している廃品回収業者は違法業者の場合が多いので利用しない方がいいです。