廃車と自動車税の返金について

廃車と自動車税の返金について 所有していた自動車を廃車にした場合、いくつかの条件はありますが、所定の手続きを取ることですでに支払い済みの自動車税が還付されます。
手続き方法は簡単で、通常、廃車にした1~2ヵ月後に印鑑証明書に記載されていた住所に還付通知書という書類が届くので、その書類と印鑑、身分証明書を持って最寄の金融機関に行くだけです。
しかし、どんな車でも税金が還付されるわけではありません。
まず、自動車税が還付されるのは乗用車のみです。
軽自動車は自動車税の還付の対象外のため、注意が必要です。
また、住民税や事業税などの地方税をきちんと支払っていることも条件です。
仮に未払いの税金がある場合、還付金は未払いの税金の支払いに使用され、未払いが多い場合手元にまったく還付金が入ってこない可能性もあります。
また、廃車を3月中に行った場合も還付金はありません。
通常、廃車にした月から次の3月までをその月数で割った金額が返ってくるためです。

廃車をした場合に自動車税の未納分はどうなる?

自動車税は毎年4月1日現在において所有者に支払い義務が発生します。
車を廃車しても納税義務を逃れる事はできません。
しかし、自動車税が未納でも廃車する事は可能で手続き完了後、1~2ヶ月を過ぎると滞納金が加算された未納分の納税通知が届きます。
延滞利息は年利10%を超える様な利率になっています。
その時に自動車税を納めれば何も問題はありませんが、そのまま放置していると財産の差し押さえなどの措置を取られる場合があります。
また、自動車税を2年以上滞納している場合は、嘱託保存の措置が取られて廃車に出来ない場合があるので注意が必要です。
更に軽自動車の場合は年間一律なので1年分納める形になります。
どうしても支払いが困難な時は、税務署に相談して自動車税を分納する緩和措置を受ける事が出来ます。
ちなみに自動車税を納めないと車検が通りません。
車検切れの車を放置している場合でも、車を廃車にしていないため、先に述べた様に4月1日で毎年支払い義務が発生します。